藤森 夕也

黙々と真剣に一つ一つの機械と向き合う

2006年入社
水島営業所 サービス部門

Brief Personal History

水島営業所 サービス部門

岡山県倉敷市出身。美容の道に進んだが、その後、児島営業所に勤める父親の紹介で入社。水島営業所のサービス部門で、現在は、小型の機械のメンテナンスを担当している。

なぜ、ビナン水島営業所に転職を?

いったんは美容の道に進みましたが、結婚を機に転職を考え始めたころに、児島営業所で働いていた父親にビナンを紹介され、会社のことは父から聞いていたので、入社を決めました。県内勤務を希望して、水島営業所に配属になりました。

担当する仕事の内容を教えてください。

入社以来、ずっとサービス部門ですが、メンテナンスをする機械は、次期によって変わります。今は、油圧・電動工具、環境機器などを中心に、小型の機械を担当しています。機械がレンタルから戻ってきたら点検し、次に備えて整備をします。整備を終えても、機械を使うお客様の手が黒く汚れるようでは困るので、きれいにクリーニングもします。レンタルの注文が入ったら機械をそろえ、動作点検をするのも仕事です。

藤森 夕也

メンテナンスが大変だった機械は?

現場でパーツを組み合わせて使うような特殊な機械があります。パーツの状態で動作点検をしてレンタルしても、実際に機械全体が動いているところを見られないので、本当に正常に動くのか予測ができません。雨で濡れて動かなくなるなど、予想外の事態が起こると大変ですね。
お客様と直接やりとりをしているのは営業担当なので、日ごろから積極的にコミュニケーションを取り、お客様の反応なども聞いて、メンテナンスの質の向上を心がけています。

後輩にほしい人材は?

ムダに知識がない人のほうが素直に話を聞いて吸収できるので、この仕事には向いているかもしれないですね。資格や知識があって自信を持ちすぎている、人の意見を聞かない人より、機械のことは何も知らないけれど、聞く耳を持っている人のほうが、戦力になってくれると思います。

この先のビジョンを聞かせてください。

どうしても、個々に仕事をする昔からスタイルが変わらずあって、もっと会社全体でコミュニケーションを取って、全体で仕事ができたらとは思っています。以前より少しは良くなりましたが、もっと変えていきたいです。
先輩たちに比べて、知識や技術力は落ちています。例えば、機械が壊れたときに自分たちで修理しようとすると、メーカーは、危険だから送り返してほしいと言います。時代の流れなので仕方ないことですが、先輩たちが現役のうちに知識や技術を吸収しておきたいです。聞きにいくと丁寧に教えてくれますが、知識量が膨大すぎて追いつきません。それでも、諦めずにがんばりたいです。

藤森 夕也
トップに戻る